戒名(法名・法号)

〇戒名とは

「戒名」とは、仏教教団に入り戒律を守ることを誓った者に与えられる名前のことです。本来は戒を授けられ出家した僧にのみ与えられるものでしたが、出家しない在家の檀信徒も授戒会に加わって戒を受けることにより、仏法に帰依したものとして戒名を与えられるようになりました。本来戒名は、生前に入信して与えられるべきものですが、死者の場合でも生きている者として扱い、しばしば通夜に授戒が行われます。これは「没後作僧」と言い、亡くなった人を仏の弟子にして浄土に送るということを表します。授戒は引導と共に葬儀儀礼の中心をなすものとして位置づけられています。近年、「戒名料」が問題とされたこともあり、多くの教団では、できるだけ生前に授戒会などに出て戒名を得ておくことを勧めています。

浄土真宗は在家道で教養にも戒律や授戒はなく、聞法者という意味をこめて「法名」と言います。仏法に帰依した者が授かる名前で、「帰敬式」(「おかみぞり」ともいう)を受けていただくものとされています。

日蓮宗は「法華経に帰依することが持戒にまさる」ということで葬儀式に授戒という作法はありません。「信仰に入った証」ということで「法号」が与えられます。本来は生前にあたえられるものですが、亡くなった後に授与されることが多いようです。

戒名(法名、法号)は、身分制の時代を背景に発達しましたので、戒名が身分を表すことも多かったのですが、近年は寺院、社会への貢献度、信仰の深浅、人徳などを住職が判断してつけるものとされています。しかし、戦後、特に高度経済成長期以降、寄進する金額の多寡によって位の高い戒名が買えるという風潮が出て、「戒名料」なる言葉も一般化するなど批判の対象となる現象も起きています。

 

〇戒名(法名)の構成

戒名は本来2字で、中世までは貴人といえども2字であったといわれます。今では本来の戒名である法号の上に道号(または宗派戒名)、さらにその上に院号がつけられ、法号の下に位号がつくという構成になっています。

○○院 △△ □□ 居士(大姉)

院号  道号  法号   居号

➊院号

最上級の尊称と言われるものに院号(〇〇院)、院殿号(〇〇院殿)があります。かつては一寺を建立するほど貢献した人に与えられる尊称で、皇室や摂関家に対して〇〇院が、またこれと区別するため武家に院殿が与えられました。特に本家の主人のみにつけたとされます。院号より院殿号を上位とする慣習は、大名家に院殿をつけるようになった江戸期に生まれたとされます。

❷道号

道号は元々、仏道に励み、これを究めた者への出世の称号で、住職などに与えられたものといわれます。ここの位置に宗派名が入ることがあります。

❸法号

本来の戒名(法名、法号)です。

❹位号

位階や性別を表すものです。成人(15歳以上)の場合、一般に伸心の厚い者を信士・信女に、より清浄な者を清信士・清信女に、仏門に入り剃髪染衣した者を禅定門・禅定尼に、四徳を供えた篤信の信者を居士・大姉に、より上位を大居士・清大姉に、とします。

子どもの場合、死産児に水子、乳飲み子に嬰児(嬰子)・嬰女、就学前の子ども(特に2~3歳)に孩児(孩子)・孩女、15歳未満の子供に童子・童女、善童女・善童女とすることが一般的なようです。就学前の子どもは乳幼児を含め幼児・幼女とすることもあります。子どもの場合には院号、道号はつけないのが一般的です。

浄土真宗では、明治時代以降、宗門護持、念仏相続に尽力した人への賞典として広く院号が贈られています。また、道号、位号はなく、男性の場合は「釈(釋)□□」、女性の場合は「釈(釋)尼□□」とされていましたが、近年は性差なく統一される傾向にあります。「釈」とは釈尊の弟子であることを表しているとされます。

日蓮宗では、一般の場合でも院号があたえられますが、位号は信士・信女が多く、居士、大姉、大居士、清大姉は特別に貢献度の高い人にのみあたえられます。

 

〇宗派による戒名(法名)の違い

宗派による戒名のつけ方には一般的な特徴として次のことがあります。

➊真言宗

位牌に戒名を書くとき、戒名の上に梵字でアの字を、子どもの場合は梵字でカの字を書きます。「ア」は大日如来の悟りに帰入すること、「カ」は地蔵菩薩の導きに従うことを示します。

❷浄土宗

五重相伝(教えを5つの段階に分けて伝える法会)を受けた者には院号と道号の間に誉号をつけ、〇〇院△誉△△□□居士(大姉)のようになります。

但し西山浄土宗の場合は、授戒を受けた者には空号が、さらに五重相伝を受けた者に道号がつき、〇〇院△空△△□□居士(大姉)のようになります。

❸浄土真宗

法名の前に男性は「釈(釋)」、女性は「釈(釋)尼」がつきます。近年、女性に「尼」をつけるのは差別だとして、「釈尼」をやめ全て「釈」とする風潮も出ています。

[男]〇〇院釈□□、[女]〇〇院釈(尼)□□

❹時宗

男性には阿号、女性には弌号が使われます。

➎臨済宗

院号に次ぐものとして庵号、斎号、軒号が使われることがあります。また、位号に禅定門、禅定尼、大禅定門、大禅定尼がつくのは臨済宗に多いと言われます。

❻曹洞宗

熟字でまとめられている場合が多いようです。特に道号と法号の4字は経典、祖録、漢詩を参照し、対句で熟字としています。

❼日蓮宗

法号に「日」の字が入り、多くの場合道号に男性は「法」、女性は「妙」がつきます。

[男]〇〇院法△日□信士、[女]〇〇院妙△日□信女

〇頭の文字、置字

位牌に戒名を書く場合、その上下に文字を足すことがあります。

戒名の頭の文字としては、「新帰元」「新円寂」「帰真」などとつけることがあります。これは新しく仏になったことを意味し、葬儀の際の白木の位牌にのみつけます。

また、戒名の下に置字として「霊位」「位」とかくことがありますが、浄土宗、浄土真宗などでは用いません。

所沢市 葬儀
所沢市斎場での御葬儀・お葬式や家族葬を
お考えの方はご相談下さい。
お葬式の費用、家族葬の費用
お問合せ 0120-098-940


法華三昧と常行三昧

〇死者の減罪のための法華三昧

天台宗の宗祖最澄は812年、比叡山に法華三昧堂を建立し、法華三昧を日本

に初めて紹介しました。これを広めたのは、最澄門下の円仁だといわれます。

法華三昧は「法華懺法」とも言われ、法華経を読経することによってこの身

このままが清められる、罪障(極楽住生の妨げとなるもの)が消滅するという

考えから行われたものです。「三昧」は心を一事に集中して余念がないことを意

味します。法華三昧は本来、比叡山で「朝題目、夕念仏」と言われる日常修行

の一つでした。

三昧聖に法華経を唱えさせると死者の霊を清め、減罪し、地獄に堕ちないと

いう信仰が強まり、葬儀で重んじられ、死者供養や菩提(死者の冥福を祈るこ

と)のために用いられるようになったと言われます。減罪しないと地獄に行き

往生できないという不安がいかに強かったかがわかります。

法華三昧堂は三昧堂、法華堂とも呼ばれます。

〇念仏往生の常行三昧

天台宗でもう一つ重んじられたのが常行三昧です。阿弥陀仏の名を唱えなが

ら修行することで、後の浄土教の道を開くものでした。念仏によって往生を願

う常行三昧は、法華三昧による減罪と対になって信仰を集めたと言われます。

常行三昧の修行をするところは常行三昧堂、阿弥陀堂と呼ばれました。藤原

三代を祀った東北平泉の中尊寺金色堂も常行三昧堂の様式にならったものと言

われています。

〇三昧堂への納骨

法華三昧、常行三昧の流行により、天皇家や貴族は法華堂、三昧堂に納骨す

ることが多くなり、また死後に納骨するためにこれを建立するということが行

われました。こうしたことから、次第に寺院へ納骨するようになっていったと

思われます。

後に三昧堂は墓所、葬場を意味する語として使われるようになります。

所沢市 葬儀
所沢市斎場での御葬儀や家族葬を
お考えの方はご相談下さい。
お問合せ 0120-098-940


看取られたその後は

今回は、病院でお亡くなりになった時のお話をさせていただきます。

いつかは来る別れと知りながらも、なかなか受け入れられないものです。しかしながら、その時は訪れます。立体病院青

悲しんでいる中、病院からはその後の事を聞かれます。病院には、ずっとご安置しておくことができない場合が多いからです。

まずは、移動してくれる葬儀会社を聞かれます。そして、その後葬儀会社の人に、ご自宅に戻るか聞かれると思います。更に移動をした後は、打ち合わせとなっていくのです。

亡くなってからあっという間に、現実的な話になっていきます。

もし、病院からご自宅に戻れるのであれば、お布団を1枚敷ける場所があるかどうかを確認してください。ベッドなどでもご安置は可能です。安置の後は、お線香をあげる準備やドライアイスのご処置などをすることになります。

では、マンションの都合でしたり、ご自宅にどうしても安置ができないような場合はどうでしょう。そのような時は、霊安室へのご移動をご相談下さい。場所は、その時々の空き状況などによって変わると思いますが、一旦御安置をすることが可能です。しかし、霊安室の場合は、共同で使用する場合があり、いつでも面会することや、ずっと一緒にいることはできないことがあります。公営の式場に御安置をした場合は、一切面会ができなくなる式場が多いかと思います。257341

その時になった場合は、自宅か霊安室のどちらかになるかと思います。まず初めの選択が迫られたとき、皆さんはどのような思いで大切な人を移動しますでしょうか。

焦らぬように、今のうちから、想いを確認しておくのもよろしいかと思います。

所沢市 葬儀 所沢市斎場を利用してのご葬儀・家族葬は、アートエンディングにお任せ下さいませ。


ご愁傷様の意味とは?

葬儀の場や、大切な方を亡くされた知人に
会う際に使う言葉として「ご愁傷様でございます」
という言葉があります。心

皆様に過去に言ったり聞いたりされた事があるかと思います。
ドラマを見ていても出てくる言葉かもしれませんね。

今回はその意味について説明させて頂きます。

まず「愁」という字ですが「うれい」とも読み悲しむとか嘆くという意味があります。

この「愁」に「傷」がつくと傷を悲しむや、傷を心配する、心を痛める
という様な意味になります。

つまり相手に対して使う際は、「あなたの心の傷や悲しみをお察しし、
私も心が痛い、または心配です」といったところでしょうか。

この、言葉にするには少し長い気持ちを一言で表現しているのが、
「この度は、ご愁傷様でございます」なのです。

日本語の繊細さを感じる事の出来る
言葉ですね。

本来は、この様な意味の深い言葉ですが使い方は少し難しく感じます。

人が亡くなられた時の、お決まりの言葉の様なイメージが先行し、
そこに自身の気持ちがしっかりと反映出来ているかどうかと感じてしまうのです。

私も、葬儀のご依頼の電話を受けた際や病院へお迎えに行き、
ご遺族の方と対面した時に、この言葉を使います。

最初は、形式的に言葉を言うだけでしたが、年数を重ねるごとに、
大切な方が亡くなられた直後のご遺族様の悲しみ・焦り・不安を想うと、
少しでも安心を感じてもらえればという気持ちで、伝える様になってきました。

相手に対する思い遣りがあれば、深く考える必要はないのかもしれませんね。

普段、使い慣れない言葉と感じた時は、意味を知ることでそこに深い想いも
含めることができるのかなと思います。


ご冥福とは?

ご冥福をお祈りいたしますとは?

葬儀の際に聞く言葉の中で祈り
「心よりご冥福をお祈りいたします」があります。

主に弔電や弔辞の際に耳にしますが、その意味や使い方について説明させて頂きます。

まず、冥という言葉ですが以下の様な使い方があります。

1.冥応(みょうおう)
神仏が感応して加護や利益 (りやく) を授けること
2.冥恩(みょうおん)
目に見えない神仏の恩恵
3.冥加(みょうが)
神仏の力による守護
4.冥界(めいかい)/冥土(めいど)
死後に行くという世界

なんとなく、神仏に関することやあの世のイメージを連想できます。

そこで、「冥福」となるとなんとなく解ってきますね。

神仏・死後・幸福の福

つまり、「死後の幸福を祈り仏事を営む」という意味となります。

ただ、「ご冥福をお祈りいたします」は直接口に出すことは、あまり
ない表現に思います。
弔電や弔辞の様に、文章で使う表現であって、「ご愁傷さまでございます」を
葬儀の場では、よく耳にするのではないでしょうか。

私もご遺族の方に、法要の際に手紙を書くことがありますが、文章の中で
ご冥福をお祈りいたしますと使います。

追善供養の意味もありますので、一周忌や三回忌で使っても問題は
ないようです。

なかなか、ご遺族の悲しみを慰める言葉というものは難しいものがあります。

そういう時に、文章として使うにはとても適した言葉に感じます。

普段何気なく聞いている言葉について、意味をしっかりと知ったうえで
使うことが出来ると、より一層そこに「思い遣り」と「優しさ」が伝わる
のではないでしょうか。